ほくろ取りのリスク

ほくろ取りのリスク

病院でのレーザー除去でも
ほくろ除去クリーム・ほくろ除去精油ジェルでも
一般的には下記のリスクが考えられます。

・ほくろが取りきれない(少し残る)
・ほくろが取れても赤味が長期間残る  

・ほくろ除去跡が色素沈着してしまう  
・ほくろ除去跡が白抜けしてしまう  
・ほくろ除去跡が陥没してしまう  
・ほくろが再発してしまう

当店では上記のリスクを極力少なくするために、分かりやすい説明書と
購入者専用のサポートサイトでの情報提供を行っております。

ほくろが取りきれない

施術の仕方が悪かった場合、ほくろが少し残る事が有ります。
ベストな施術をしても、ほくろの根が深いと残る事が有ります。
その場合は1~2ヶ月肌を休ませてから再施術が可能です。
病院でのほくろ取りと違って自分のタイミングで使え
通院の必要もありませんので時間的な制約を受けません。

ほくろが取れた跡の赤味

ベストな状態で除去出来れば赤味は1ヶ月もしないで回復します。
しかし体質や施術の状況で半年、1年単位での長期のスパンで
気長に回復を待たなければいけないケースも考えられます。

その様な事にならないためにも、最初は目立たないほくろで試し、
慣れてきてから顔などのほくろにお使い下さい。
30代以降は、年齢に比例して赤味の回復が長期化する傾向にあるようです。
睡眠不足、睡眠時間が不規則、ケガの治りが遅い方も同様の傾向が有ります。

ベストな施術をしても赤味が残ってしまった場合は、
ケロイドや肥厚性瘢痕(ひこうせいはんこん)体質が考えられます。
不安の方は専門医にご相談下さい。

ほくろ除去跡が色素沈着してしまう

ほくろ取りが成功したからと安心してはいけません。
除去後の赤味を放置すると色素沈着になる場合があります。
紫外線はもちろん化粧品や石鹸も患部には刺激となります。
保湿を心掛け、不必要な刺激は可能な限り排除して下さい。

ほくろ除去跡が白抜けしてしまう

色素脱失と言われる症状です。
こちらは肥厚性瘢痕と逆で除去跡が周りの肌より白くなってしまいます。
こちらも体質によって発生する可能性が少なからずあります。

ほくろ除去跡が陥没してしまう

皮膚に存在していたほくろが無くなる訳ですので物理的には当然の現象と言えます。
徐々に回復して、いずれ平らになりますが慎重なケアが必要です。

ほくろが再発してしまう

ほくろの素になる組織が取りきれていない場合再発します。
病院で治療した人の3割が再発したとのデータもあります。
ほくろ除去クリーム・ほくろ除去精油ジェルでの再発率は  そこまで高くないと思われます。

 

焦りは失敗の原因です!!

ホクロ取りに失敗する原因の多くは焦りです。

ゆっくり情報収集して予備知識をつけてから余裕をもってお使い下さい。

正しく使えば最小限のリスク・最小限の赤味でホクロが取れます。

どんな商品でも間違って使えば良い結果は期待出来ません。

早く使いたい気持ちを抑えて使用前に情報を整理して下さい。

ジェルが怖い方、不器用な方はやはり病院が一番です。

この様なサイトで病院を探すことも可能です。

皆様の成功を祈っております。

com IMG_2423