1個200円で除去!モールライトの進化版「精油ジェル」

 

お陰様でAmazonレビューが、延べ100件を突破しました!!!
また嬉しい評価も多数頂戴しました。この場でお礼申し上げます。

初心者でも安心して使える
「ほくろ除去ジェル」売り上げNo1


 お知らせ

当店は期間限定セールや割引価格表示などで購入を煽る様な事はしません。
年間を通して同一価格で提供しております。焦らず購入をご検討下さい。
ただし異常な円高傾向になった場合は、予告なく価格を改定させて頂きます。
予めご了承下さい。 

ほくろ除去精油ジェルとは?

精油ジェルはモールライトの後継商品です。
大好評だったモールライトをさらに進化させました。
医療先進国の台湾製ですのでフィリピン製などに比べはるかに高品質です。
ノースクラッチでもスクラッチでも使えるハイブリッドタイプです。
「1万円以上するほくろ除去クリームと効果はまったく同じです」

初心者の方も安心してお使い下さい。
もぐさやカソーダで失敗した方にもお勧めです。

性状の差は有りますが、ほくろが取れる原理は
「漢方烏梅膏」や「ニッキーモルアウトクリーム」などの商品と同じです。

口コミで知って頂いた多くの方にもお使い頂いております。
説明書でご説明しきれない、ちょっとしたコツなどは
口コミやレビューが大変参考になります。
ご使用を検討している方はAmazonなどの口コミもご覧下さい。
当店は期間限定セールなどで購入を煽ることはしませんので
じっくりご検討の上、疑問を解消してからご注文下さい。
※こちらのリスク情報も必ずご覧下さい。

ほくろの悩みに精油ジェル 安心の実績

お客様に当店の精油ジェルをお選びいただいた理由を伺うと

・肌へのダメージが少ない
・調整しながら使える
・回復パッドが選べる
・サポートが充実している
・ユーザーレビューが多い
・長期保管が可能
・リスクを提示しているので安心した

などのご意見を多く頂戴します。(モールライトも含む)

では、ほくろ除去クリームを選ぶ時に何を注意すればいいのでしょう?
それは、「いかに除去後の赤味が少なく済むか」に尽きます。
ほくろを取ることは簡単です。
強烈な成分で溶かせばいいのです。
しかし、赤味を少なく取る事は容易ではありません。
確実に取れるが赤味は残さない。
そんな相反する目的を絶妙なバランスで実現したのが
植物由来のほくろ除去精油ジェルなのです。
※ケロイド体質の方のご使用はお勧めしません。


ほくろの悩みをハーブジェルで解決しましょう!

連休などはご注文が急増します。
可能な限り迅速な配送を心掛けておりますが
予定がお決まりの方はお早めにご注文頂けますと助かります。

amazonで買う カード決済で買う

※振込・コンビニ決済をご希望のお客様はAmazonをご利用下さい
定番のクリームタイプはこちらでご紹介しております

精油ジェルの優れたところ

精油ジェルは1回 3分塗るだけ。それを3日かけて3回塗るタイプの商品です。
肌の反応を見て微調整しながら使える商品は当店の精油ジェルだけです。
容量 約0.4~0.5g 25~40ヶ所にお使い頂けます。
他社商品を使った事のあるお客様には下記のような評価をいただいております。

・肌の反応を見ながら微調整が出来る
・肌への負担が少ない
・日本語説明がわかり易い
・チェックシートが役に立った

注意事項

睡眠不足やストレスは回復が遅くなる原因です。
30代以降の方は赤味の回復に時間が掛かる傾向があります。

説明書をよく読み、理解し、データを残しながら使うことが重要です!!

※自己責任でお使い頂く海外商品です(未成年の方もご遠慮下さい)
※病気の治療・予防を目的とした商品ではありません
※100%の満足を保証する商品ではありません(結果には個人差が有ります)

 


精油ジェル購入者様だけの特典

購入者様限定で最新の補足情報を専用サイトでご覧頂けます!
イラストを多用して分かりやすく作成しています。
内容は、お客様から頂いた情報などを元に更新してまいりました。
モニター様から頂いた情報や画像も今後増やしてまいります。
他店にはない、この様なサポート体制が成功率の高い秘訣です。
「回復パッド」も当店オリジナルのアイテムです。
情報だけでなくケア・アイテムでも成功をバックアップいたします。


 


 国際書留郵便で迅速に発送します! 

他社のほくろ除去クリームはポスト投函で2-3週間掛かる場合もあるようですが
当店は、ご注文から1週間程度でお届けとなります。書留ですので紛失の心配もありません。
※時間指定と代引き発送はできません。

発送完了後、お荷物追跡番号をお知らせします。
↓日本郵便が4-6日ほどでお届けに参ります↓
ご不在時は「不在票」が入ります。(お好きな時間に再配達を依頼できます)
中身の見えないクッション封筒でお届けします。

伝票には「Skin Cream」と記載されております。


「回復パッド」が選べるのは当店だけです!

除去後の回復を促進しながら赤味を隠してくれます。
少しでも早く除去跡を治したい方に必須のアイテムです。

回復パッドはキズパワーパッド®の様なハイドロ絆創膏ですが小さく薄いのが特徴です。
国内では入手が困難なサイズで「顔などに貼っても目立たない」と女性に大変喜ばれております。
カサブタが取れた直後の傷の回復を早めながら、赤味を目立たないようにカバーしてくれますので
顔のホクロ除去には必須のアイテムです。

直径12ミリで薄く肌に馴染みやすい円形パッドが6枚で1セットです。
送料節約のために同時購入をお勧めします。


 

精油ジェル・ユーザー様のブログ紹介

5回の除去の様子をブログでご紹介頂いております

レーザー除去で再発したホクロに使用した方のブログです(回復パッド使用)

顔と腕に使われた女性のブログです(回復パッド使用)

精油ジェルとウバイ精油膏の両方を使われた方のブログです(回復パッド使用)

イボとホクロを除去した方の記事です

大きめのホクロを除去された方のブログです

説明書とは違う使い方に関しては気軽に真似をしないで下さい。
使い方に慣れてからオリジナルのアレンジを加えるようにして下さい。

成功事例よりむしろ失敗事例を忌避事項として参考にして頂きたいです。

 


ほくろと除去に関する有益情報

ほくろの種類

ほくろは表皮に母班細胞(メラノサイト)が増えるためにできます。
できる場所によって3種類に分けられます。
1.皮膚の浅い部分(表皮)にできるホクロ
2.皮膚の深い部分(真皮)にできるホクロ
3.表皮だけでなく真皮にも広がったホクロ

ほくろができやすい場所は?

紫外線の影響を受けると考えられ、以下の順に出来やすい様です。
1.顔
2.首
3.手・腕
4.体
5.足

ほくろは増える?

もちろん生まれつきのホクロもありますが
0歳から40歳まで加齢と共に増えてくるほくろの方が多い様です。
ピーク時の顔のほくろの数は平均値で6~7個。
多いと15個程度とのデータも有ります。

ほくろを取る方法

レーザー除去とメス除去が一般的ですが
それぞれメリットとデメリットがありますので
ほくろの濃さや深さを考慮して決める必要があります。
頭皮のほくろですと毛根へのダメージが心配ですが
モールライトでのほくろ除去は毛根を温存できます。
メス除去で皮膚を縫った場合、引きつりのリスクが有りますが
モールライトでの除去で引きつったとの報告は聞いたことがありません。
赤味が一定期間残るのは、どの方法でも避けられない事ですので
赤味の発生を少なくできればモールライトの汎用性の高さは秀逸です。

ほくろ除去のコスト

ほくろ除去を病院で行っても美容目的だと保険適用外となります。
先生の判断で運良く保険適用となっても、ほくろ除去後のケアのために
最低でも1回は通院の必要が有ります。
その様な交通費や時間的な制約を考えると、自分の都合で使える
ほくろ除去クリームや精油ジェルはコストと利便性の面で有利です。

ほくろ除去クリーム・精油ジェルの失敗例

ほくろ除去精油ジェルは、ほくろ除去クリームよりも扱いやすいのですが
安易に使えば失敗の原因となります。
一番多い失敗例は「いきなり顔に使う」パターンです。
説明書では、くれぐれも最初から顔に使わないようにお願いしております。
最大の目的が顔のほくろ除去だとしても、最初は体の目立たないほくろにお使い下さい。
そして使い方に慣れてから顔などの目立つ部位のほくろ除去に挑戦して下さい。
この様な注意事項を見ていない方は、いきなり顔の数カ所に使ってしまいます。
つまり、この時点では「失敗した~」と思ってしまうわけです。
(憂鬱な気持ちで数週間過ごさなくてはいけない苦痛を想像してみて下さい)
最終的にほくろが取れるとしても、黒いカサブタや除去後の赤味は目立ちます。
それが顔に何ヶ所も同時に発生するので、使ってから後悔する事になるのです。
ほくろ除去クリーム・ジェルは不安な思いとしてまで使うものではありません。
是非、注意事項を守りスケジュールにも余裕をもってお使い下さい。
ほくろ除去精油ジェルは、ほくろ除去クリームよりも保管期間が長いので
焦って使う必要はありません。焦りは失敗の元です。
当店はその様な失敗をゼロにすべく、サポートサイトでも注意喚起しております。
詳細な使い方はもちろん、失敗しないためのコツなども掲載しております。

ご注文された方は商品が届くまでに熟読して100%の成功を目指して下さい。


精油ジェルでのイボ除去

イボはほくろ以上に個体差が大きく、施術に関して一元的な管理が難しいのが現状です。
日本の市販薬よりも短時間で除去出来る事は当店でも確認済みですが
イボの個体差に応じて使い方を調整するのには慣れが必要になってきます。
自己責任でお使いになる場合は以下のような情報などを参考にして慎重にお使い下さい。
◎小さなイボは比較的簡単に取れます(スキンタグ・スキンタッグとも呼ばれる)
◎大きなイボは傷も大きくなるリスクを認識して下さい

 

 amazonで買う カード決済で買う

 定番のクリームタイプはこちらでご紹介しております

今年度より6000円以上をご購入の方に
スマホスタンドをプレゼントします。

商品金額で6000円以上お買い上げの方に『 2WAY式 スマホ・スタンド』プレゼント!!